粉kona工房はりねずみからのお知らせ

2017-01-06 14:41:00

お米のパンは、「ご飯」と同じ扱い方です。


冷蔵庫に入れたり、常温で長く放置しておくと、パサついてきたり、かたくなりますが、温め直すと潤いが戻ります(下記参照)。


 

小麦粉のパンより水分が多いため、カビやすいのでご注意ください(特に夏場)。

 

 

すぐに食べない分は、冷凍保存をお願いいたします。

 

 

食パンなど大きなパンは、スライスしてから冷凍してください。


お召し上がりになる1~2時間前には冷凍庫から取り出し、自然解凍した後、お好みの方法で温め直してお召し上がりください。

 

注意:

 

湯気がたつほどまで温めますと生地内部がねっちょりとした食感になりますが、熱が逃げていくとふんわりとした食感に戻ってきます。

 

粗熱がとれてからお召し上がりください。

 

 
☆フライパンで温める 中心まで柔らかくなり表面がカリッとするまで弱火で温めます。表面はカリッ、中はもっちりとした2つの食感が楽しめます。

 

☆オーブントースターで温める⇒ 表面はカリッ、中はもっちりとした2つの食感が楽しめます。

 

☆電子レンジ使用⇒ ラップをして10~20秒刻みで少しずつ温めてください。温めすぎるとねっちょりとしてしまいますのでご注意ください。

 

 注意: 脱酸素剤は必ず袋から取り出してください。発火のおそれがあります。

 

☆炊飯器に投入⇒ ラップをしてご飯の脇に入れておくと、ふんわりとした食感が戻ります。