粉kona工房はりねずみからのお知らせ

2016-12-04 14:24:00

粉kona工房はりねずみでは、身体に優しい素材、

 

国産のものやオーガニックのものを優先的に選び、季節のものを取り入れるように心がけています。

 

 

小麦粉 北海道産 春よ恋・ドルチェをメインに国産小麦粉を使用

 

米粉 熊本県産みずほちからをメインに国産米粉を使用

 

酵母 ホシノ天然酵母 白神こだま酵母 自家製玄米酵母 サフインスタントドライイーストを使い分けています

 

ベーキングパウダー 酵母や卵を使用しないお菓子作りには、トランスファットフリーのベーキングパウダーを使用

 

砂糖 鹿児島県産喜美良糖 自家製玄米甘酒 国産米飴 有機メープルシロップ 有機アガベシロップなどを用途により使い分けています

 

 国産海塩浜御塩 フランス産ゲランド塩を用途により使い分けています

 

豆乳 国産有機無調整豆乳

 

 圧搾一番搾り菜種油 有機トランスファットフリーショートニング ココナッツオイル 有機オリーブオイルを用途により使い分けています

 

そのほか   

フィリングはほぼすべてが手作りです(餡子、チョコクリーム、カレーフィリング、ホワイトソース、トマトソース、ケーキ用クリームなど)

 

小豆・ひよこ豆など 北海道産の有機、または生産者限定のお豆を使用 

 茹でこぼしをせず皮など一切捨てず、一物全体・陰陽の考えをベースに炊き上げています

 

チョコチップ 乳化剤不使用のチョコチップ使用

 

ベーコン・ソーセージ 新百合ケ丘マプレ通り1F バッケン・ウント・ヴラーテンの無添加・保存料不使用のベーコン・ソーセージを使用

 

ドライフルーツやナッツなどの輸入食材はオーガニックのものを

 (コーティングオイル不使用 砂糖添加不使用 漂白剤不使用のものを優先的に選んでいます)

 調味料は伝統的製法で作られたものを

 野菜は地元野菜やオーガニックなものを

      優先的に選び安心安全な材料を使用するように心がけています

 

 

 

材料について気になる方は、お気軽にお問合せください

 

 

はりねずみ 店主

 

 

 

 


2016-12-04 12:53:00

シュトレンの販売を始めました。
国産有機ワイン(酸化防止剤不使用)とラム酒に長期間漬けこんだレーズン、オレンジ・クランベリー・いちじくの有機ドライフルーツと有機ナッツをたっぷり入れたノンシュガー生地で、手作りのローマジパンを包んだはりねずみオリジナルシュトレンです。
 
工房販売では、すべてのタイプを一度にご用意することはできません。
販売日には、4タイプのうちのどれか1種~2種を販売をすることになると思います。
確実に手にいれられたい方は、ご予約をお願いいたします(ホールのみ対応)。
(下記 お問い合わせフォーム、または工房にて受付)
少量購入(スライス)希望の方は、販売日にお待ちしています。
 
北海道産小麦粉使用のものと
熊本県産米粉を使用したグルテンフリーのものをご用意しています。
仕上げ方は2タイプ~お砂糖仕上げとココナッツ仕上げをご用意しています。
(ご希望により白粉砂糖仕上げも可能)
 
約15㎝サイズ・丸ごと一本(リボン包装)での販売です。
 
 
IMG_1498.JPG イメージ
タイプ1 
小麦粉使用・お砂糖仕上げ
 
タイプ2 
小麦粉使用・ココナッツ仕上げ(ノンシュガー)
 
タイプ3 
米粉使用・お砂糖仕上げ(グルテンフリー)
 
タイプ4 
米粉使用・ココナッツ仕上げ(グルテンフリー)(ノンシュガー)
 
*仕上げに使用する砂糖は…
鹿児島県産さとうきびより作られる天然ミネラルを残すコクのある砂糖です
 
*どのタイプも・・・
①卵・乳製品(牛乳・バター・生クリームなど)不使用
②生地には砂糖不使用です(甘酒・ドライフルーツ・アガベシロップ 使用)
③胡桃・・アーモンド・カシューナッツ使用
 
*コーティング用のオイル、砂糖(又はココナッツ)は控えめにしています。
一般的なシュトレンのように日持ちはしません。1週間ほどを目安に食べきることをお勧めしています(特にココナッツ仕上げのもの)。
小麦粉のシュトレンは、5~6日ほど、米粉のシュトレンは、4~5日ほどは柔らかくしっとりとしています。
硬さやパサつきを感じるようになりましたら、温めてお召し上がりください(特に、米粉シュトレン
 
不明な点などありましたら、お問合せくださいませ。
よろしくお願いいたしますm(_ _ )m


2016-05-22 22:01:00

米粉のパンとお菓子の販売もしています。

小麦粉 小麦グルテン 卵 乳製品不使用、ナッツ不使用のものや砂糖不使用のものもあります。

ご用意している商品は日によってかわります。

 

ふんわり柔らかくもっちりとしたキメの細かい食感を楽しめる「ふんわり米粉パン」

 

ドイツパンを思い起こさせるような数種の雑穀粉ブレンドし長時間発酵させて作る「しっかり米粉パン」

 

むっちりもっちりな「米粉のベーグル」

 

そのほか、アルミニウム不使用のベーキングパウダーを使用して作る蒸しパンやスイーツを取り揃えています。

 

 

 

 

 

 

卵・乳製品・小麦は現在の3大アルゲンです。

 

以前は大豆でしたが、今は小麦。

 

小麦アレルギーの方が多くなってきているのですね。

 

アレルギーの根源は小麦のタンパク質といわれています。

 

つまりは、グルテン。

 

米粉パン・お菓子と呼ばれるものとして・・・

 

1.100%米粉で作ったもの

 

2.米粉に小麦タンパクを加えて作ったもの

 

3.小麦粉に少しだけ米粉を加えてつくったもの  があります。

 

1は、グルテンフリーで、アレルギーのもととなるたんぱく質はゼロ。

 

2や3は、小麦タンパク入りとなります。

 

米粉パン 米粉のお菓子 という名前で呼ばれていても、大きく違います。

 

 

 

工房では 1 のグルテンフリーのものを作っています。

 

とはいえ、小麦を扱っている工房ですので完全排除、アレルギー対応にはなりませんのでご注意お願いいたします。

 

 

はりねずみでは、お米の美味しさを楽しんでいただきたくて、米粉でパンやお菓子を作っています。

 

アレルギーのある方のためだけに作っているのではありませんし、グルテンフリーを目指して作っているわけではありません。 

 

 

米粉メインで作ったパンやお菓子は、腹持ちもよく、日本人ならばほっとする味です。

もっちりしっとり。ほんのり甘い。

 

 胃腸にも優しく作用しますので 

胃腸の弱い方や小さなお子様には特におすすめです。

 

腸内環境が整うと、お肌もツルツル♪ 美容にも良いのです。

 

(このようなお話は、食選力&変換力①②小麦・米粉 で詳しくお話ししています)

 

アレルギーがあるとかないとか関係なく、お米のおいしさを食べてみてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016-04-07 08:27:00

 

DSC_0028 (2).JPG

本田 ひろみ

 

1970年 埼玉生まれ神奈川育ち 子供のころから“作ること”が好きでした。

 

会社員時代は、ドイツの家庭菓子教室に通い、お菓子作りを楽しんでいました。

 

息子と娘 2人の子をもつ主婦

 

 

 

パン作りは結婚してから、日常で食べられるものを手作りしたいとの気持ちで始めました。

 

子供がお昼寝した時間やご機嫌な時間をうまく使って、ホームベーカリーで生地を作り、子供が食べやすいようなフレーバーにしたり、成形をして焼く。独学でしたので様々な失敗を繰り返しながら、いつもどうしてだろう?と疑問を持ち、わからないことは調べながら作っていました。

 

このときの時間の使い方やたくさんの失敗は宝物。皆さまの疑問質問にお応えできる基礎となっていると思います。

 

いつか自宅でお教室を開けたら…との想いを持っていましたので、下の娘が幼稚園に入園したのを機に、総仕上げとして、世間的に通用する資格を習得するため、パン教室に通うことにしました。

  

20076月 ホームメイド協会(現ホームメイドクッキングスクール)パン師範コース終了

 

学びは多くありましたが、質問したことに対して納得のいく答えをいただくことが出来ない時もあり、あらゆる“何故?!〝にきちんと答えられる先生に私はなろうと強く思いました。

 

 

 

200710月 パン教室プランタニエールを自宅にてオープン

 

 

 

2007年 個人教室にてフランス菓子を学ぶ

 

お菓子作りの技術をさらに学ぶためお菓子教室に通いました。

 

 

 

20111月 食品衛生責任者 取得

 

イベント用パン/お菓子の作成や子供パン教室出張講師など、パンやお菓子を通じて様々な経験をさせていただきました。

 

 

 

20117月 川崎市食生活改善推進員教室修了

 

 

 

20148月 リマクッキングスクール(マクロビオティック料理教室)師範コース終了

 

正食医学講座受講

 

以前から興味のあったマクロビオティックの世界を勉強しようと意志を決め、スクールに通いました。

 

食を変えることで心も身体もかわる面白さを感じ始め、マクロビオティックの考え方をベースに動物性食材を使わずに作るパン・お菓子のレシピを自分なりに作り始めました。 

 

 

20143月より 野菜料理カフェキラキラのスタッフとして修行

 

マクロビオティックの考えをベースにして作られる美しく美味しいお野菜料理を学びたく、修行させていただきました。

 

 

 

20158月 米粉マイスター認定

 

小麦アレルギーの方が多い昨今、粉の世界を広げたく、米粉について学びました。

 

 

 

20164月 菓子製造業の営業認可を取得 「粉kona工房はりねずみ」立ち上げ

 

手作りのパンとお菓子の教室&工房販売、受注販売やマーケット出店など幅広く活動

 

 

 

 

 

 

 

 

プランタ二―エル(自宅教室)のマスコットキャラクターであった「はりねずみ」を屋号にしました。

 

はりねずみは、ヨーロッパではラッキーアニマルとされ、幸運をもたらしてくれると言われています。

 

 


1 2